ツイッター投稿でおすすめな時間は○時!拡散されやすい理由

Twitter

ツイッターは思いついたときに思いついたことを投稿しているようでは、なかなか伸びません。私は、毎日10回のツイートを行ない、どの時間にどのような発信をするのが効果的かを分析してきました。

本記事では投稿におすすめの時間と、時間帯に応じたツイート内容を解説します。

本記事を読めば拡散される時間帯が知れるだけでなく、それぞれの時間に応じた効果的なツイートを作れるようになります。

 

おすすめの投稿時間

私が1日10ツイートを続けて、効果的だった時間帯は以下の10回です。

  • 起床時
  • 8時・12時・15時
  • 18時・19時・20時・21時・22時
  • 就寝前・0時

現在は、この時間帯に毎日投稿しています。
起床時と就寝前以外は、Social Dogを使って予約投稿です。

私はブログとSNSの運用について発信しているのですが、それぞれの時間帯の発信内容と意図を解説していきます。

 

起床時

ツイッターでは、朝の時間帯に「おはようツイート」をするユーザーが多いです。
その流れに乗ってツイートすることで、「いいね」や「コメント」を得ることができます。

起床時に多いハッシュタグは、「#今日の積み上げ」や「#朝活」、「おはよう戦隊」などです。
その日に行うことを箇条書きで書き、ハッシュタグをつけてツイートすると効果的です。

 

8時

8時は、通勤・通学の時間帯になります。
電車に乗ってスマホを触っている人も多く、ツイートが目に止まりやすい時間帯です。

あまり堅苦しい内容ではなく、出勤する人を元気付けるようなツイートを心がけると良いでしょう。
自分が元気をもらえる名言なんかを載せてみても良いですね。

 

12時

12時はお昼ご飯の休憩ですね。
多くの人がこの時間帯にランチタイムです。

割とじっくりとご飯を食べながらスマホを触る人もいるので、ブログの記事をアップしたり、SNSの運用法についてツイートしたりしています。

 

15時

15時も午後の休憩の時間を狙っています。
コーヒーブレイクにツイッターを開く人がターゲットです。

ここでは例えばおすすめの本の情報なんかを呟きます。
「帰りに本屋さんに寄って帰ろう」と思ってもらえるかもしれません。

 

18時(18:03)

18時は、帰宅ラッシュの時間帯です。
仕事を終えて電車に乗っているサラリーマンや学生が狙いです。

この時間帯からツイッターに徐々に活気が出てきます。
家に帰ってから副業や趣味でブログを書く人が多いので、帰って即使える知識を呟きます。

ちなみに3分ずらすのは、18時ちょうどに予約投稿している人が多いからです。
数分ずらすだけで、タイムラインの上を狙えます。

 

19時(19:03)

19時は夕食の前後といったところでしょう。
早い人は食べ終わっている頃です。

ブログを書いている人もいる時間帯なので、ブログを書くうえで役に立つツールや知識をツイートします。

 

20時(19:57)

この時間帯からがゴールデンタイムです。
夕食を食べ、一息ついた人が作業を始めていく時間帯です。

20時には渾身のツイートや、読んで欲しい新記事の更新情報を発信します。

3分前なのは、テレビのCMに入る時間帯を狙っているからです。
20:03でもOKです。

 

21時(20:57)

残業して帰ってきた人は、21時くらいから自分の時間ができるでしょう。
副業ブロガーが活発に動く時間帯です。

ここではブログの運営方法やブログ論についてツイートしています。

 

22時(21:57)

活動している人も多いですが、就寝準備に移る人も多い時間帯です。
夜型の人は、この時間から活発に動き始めます。

ここから活動する人は減っていくので今見て使える知識ではなく、これから使える知識として「心理学」や「キャッチコピー」の知識を呟いています。

 

就寝前・0時

10ツイート目は、就寝前か0時にします。

就寝前は朝と同じように「#今日の積み上げ」をつけて1日の振り返りをします。
就寝前にツイートしたら0時には呟きません。

深夜0時は、ツイッターの動きも緩やかにいなる時間帯です。
活発な人は少ないですが、じっくりツイートに目を通してもらえる可能性があります。
自分の思いやブログとは関係のないことを呟くことが多く、ブランディングを意識しています。

 

 

リツイートされやすい時間帯は?

最もリツイートされやすい時間帯は、「20~22時」です。

やはりツイッターが最も活発な時間帯で質の良いツイートを投入すると、リツイートされる可能性は高いです。

リツイートされるツイートは、有益な情報か共感を得るツイートである場合が多いです。
参考までに共感を得るツイートは、ハッシュタグや絵文字をつけないシンプルなものが拡散されやすいようです。

 

 

まとめ

<時間帯に合わせたツイートをしよう>

  • Social Dogの予約投稿が便利
  • 1日の人の動きをイメージしよう
  • ツイッターは夕方以降活発になる
  • ゴールデンタイムは20~22時

 

ツイッターは思いついたときに思いついたことを投稿しているようでは、なかなか伸びません。

拡散されやすい時間帯に狙いを定め、それぞれの時間に応じた効果的なツイートを練っていきましょう。