YouTubeの再生回数を伸ばすための6つのコツ

YouTube

 

YouTubeで動画をアップしているのになかなか再生回数が伸びずにお悩みの方も多いでしょう。

運やトレンドにも左右される部分はありますが、それでも再生回数を増やすテクニックがあることをご存知でしたか?

再生回数が伸び悩んでいる方は意外なコツを見落としている可能性があります。

今回はそんなYouTubeで再生回数を伸ばすための6つのコツを紹介します。

 

①概要欄/タイトル/タグ/サムネなど動画内容以外の部分を工夫する

YouTubeで再生回数を伸ばすためには動画の内容だけではなく、その周辺の情報も重要です。

ユーザーにとってみれば再生するまで中身を見ることができない中で「タイトル」や「サムネ」といった情報を頼りに視聴する動画を選ぶでしょう。

つまり、「タイトル」と「サムネ」で視聴者を引きつける要素がなければ、数ある同ジャンルの動画の中から再生してもらえないということです。

「タイトル」には動画内容を簡潔に表す明確さに加えて、キャッチーなフレーズを考えなければなりません。「どのような視聴者のために作成した動画なのか」「この動画を見るとどんな情報が得られるのか」などユーザーにとってのメリットを提示する形で考えてみましょう。

「サムネ」に関してはただ動画の一部を画像にして設定するよりも、ユーザーの目を引くためにも画像に文字や帯をつけたサムネで差別化を図ってみると効果的です。

また、「概要欄」に動画に関するキーワードを含ませておくと検索でも有利になるのでおすすめです。

 

②SNSやブログで動画の宣伝をする

いくら動画の内容が素晴らしいものでも、動画の存在をユーザーに認知してもらえなければ再生回数は伸びません。

YouTubeの動画をアップロードするだけではなく、Twitterなどの各種SNSで宣伝する必要があるでしょう。

YouTubeで検索をして自分の動画が上の方にヒットする確率はそこまで高くありません。

それよりもTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSで動画の宣伝を行い、さまざまな入り口から視聴者を集める方が効率的です。

 

③定期的かつ決まった時間に動画をアップロードする

中には動画が完成した瞬間にアップロードするという人もいるかもしれませんが、それよりも「定期的」かつ「決まった時間」に投稿する方が効果的です。

視聴者のターゲットを考えたときに、そのユーザーが最もYouTubeを視聴しやすい時間帯というものがあるはずです。

例えば、小学生であれば「学校終わりの夕方」、働く方であれば「仕事終わりの夜」など、狙ったターゲットに向けて最適な投稿時間を決めてみましょう。

理想はターゲットにしているユーザーが「YouTubeでもみようかな」と思ったタイミングで新着動画がアップされているといった感じです。

定期的に動画をアップした方がチャンネル登録をしてくれる可能性も上がりますし、投稿時間を設定することで「毎週◯曜日◯時にはあの人の動画を見よう」といった具合に習慣化させることができます。

 

④投稿する動画のジャンルを絞る

YouTubeで見られる動画には主に「出演者に価値がある」「扱う情報に価値がある」の2つで構成されています。

人気YouTuberでもない限り人に価値を出すのは難しいので、最初は「情報」に価値を持たせるよう取り組まなければなりません。

そして、動画内で扱う価値のある情報は「限定的」でなければいけないでしょう。

1つのジャンルに限定したコアな情報を届けることでユーザーにとって「このジャンルならこの人の動画を見よう」というイメージを与えることができます。

 

⑤字幕をつける

自分の動画に字幕を作成することで国外のユーザーや聴覚障害を持たれる方でも動画を楽しめるようになります。

また、動画の入り口を広げるだけでなく、字幕による文字情報は動画内で構成される情報となりYouTubeの検索にも影響を与えます。

 

⑥動画の最後に関連動画やチャンネル登録の宣伝を忘れない

YouTubeには「アノテーション」という機能があり、動画内にリンクボタンやテキストを配置することができるようになっています。

作成した動画内で関連する他の動画を「アノテーション」を使って宣伝すれば連続して自分の動画を再生してもらえる可能性が高まります。

また、この機能に合わせて、動画の最後に関連動画やチャンネル登録の宣伝を欠かさずやることでユーザーが離れてしまうのを防止できます。

 

まとめ

YouTubeの再生回数を伸ばすための6つのコツを紹介していきました。

もちろん大前提として「面白い動画を作る」「価値のある動画を作る」といったことが必要になりますが、いくら面白くてもYouTube上には無数の動画が投稿されており、面白さと再生回数が比例しないことは多々あります。

今回ご紹介した再生回数を増やすためのテクニックを実践して、自分のチャンネルを成長させてみてください。